気になる肌のたるみを改善するには

肌の弾力を保てなくなるのは、コラーゲンやエラスチンが少なくなって、たるみが出てしまうためです。紫外線から肌をガードすることが、たるみの解消に必要だといいます。皮膚に紫外線が接しないようにすることで、コラーゲンや、エラスチンが紫外線によって破壊されてしまう作用を防ぐことができるわけです。紫外線対策というと、強い陽射しのシーズンを連想することが多いですが、一年じゅう、屋外に行く時には紫外線の対策をするようにしましょう。皮膚をたるみから守るには、紫外線予防のほか、表情筋のエクササイズをして、顔面の筋肉を強くすることです。あいうえおの5文字を、一音一音区切るようにして、はっきりと発音します。声を出したら5秒、筋肉の伸縮をそのままにすることで、刺激になります。顔の筋肉が、よく動かすように意識してエクササイズをしていきましょう。目安は、1日に5回~10回行うことです。表情筋をよく動かすことによって、顔のたるみ対策になるだけでなく、表情がよく動くようになって、顔でできる表現の幅がとても大きくなるでしょう。真皮層にコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの美肌成分をつくるには、これらの成分をつくりだす繊維芽細胞の働きを、顔のエクササイズによって向上させることです。表情筋のエクササイズや、紫外線予防といった、肌の外側からのアプローチだけでなく、体の中から美肌効果を高める方法もあります。肌の若さを保つには、栄養の行きとどいた食事や、体にいいものを食べることも重要です。毎日の食事をふりかえってみて、栄養バランスがとれていない時はまず食事を見直し、改善しきれない部分はサプリメントで補うようにするといいでしょう。