宅のバスルームをDIYでリフォームすることにしました

バスルームDIYブックは、リノベーションを最大限に活用するための手助けとなります。どんな家でも、どんな町でも、バスルームのあらゆる種類の基本的なリフォームを完成させる方法を、ステップバイステップでわかりやすく説明しています。

お風呂のDIYリフォームの世界への扉を開いてみませんか?

お風呂のリフォームをDIYで行うのは、一般的には良くないと言われています。この本では、上手にやる方法、下手な場合にやってはいけないこと、正しい方法で何千ドルも節約する方法を紹介しています。

さて、私は自宅のバスルームをリフォームすることにしました。そろそろ何かしないといけないなと思って。もうしませんが。それがトラウマになっていて、あの混乱と心労は忘れられません。結局、その過程で腰を痛めてしまいました。自分の家のバスルームをリフォームすることは、手間をかけるだけの価値がないことを悟りました。

私が挑戦して失敗したお風呂のリフォームは3つあります。1回目はDIY、2回目は業者に依頼、そして最後の3回目は業者に依頼しました。最初のお風呂のリフォームが一番良いように思えましたが、予想外の問題が多く発生し、大量のタイル、シンク、バスタブを捨てなければなりませんでした。時間とお金を無駄にしただけでなく、これらの問題に対処しなければならなかったことに不満を感じていました。人を雇った場合の費用は、材料を捨てることを除けば、1回目のお風呂リフォームと同じくらいかかりました。しかし、誰かに依頼した方が、結果的には

もしかしたら、私にはジンクスがあるのかもしれません。2年前、1915年製のクローフット・バスタブ(Pretty in Pink)をリフォームした体験談を掲載したところ、私のウェブサイトに膨大な数のアクセスがありました。皆、この話を気に入ってくれたのですが、誰かに頼むよりも1000ドルも高くついたことに気付いて頭を抱えていました。今年、私は自分の良いバスルームを使って、私のスタッフがポートランドの家のバスルームを手がけたときにできることを、潜在的な顧客に示すことにしました。

私はデザイナーであり、ブロガーであり、フルタイムの住宅所有者です。長年にわたり、DIYに挑戦してきましたが、うまくいったものはあまりありませんでした。しかし、私のバスルームのリフォームは、良くも悪くも例外です。このブログは、私の退屈な洗面所を、自分が過ごすのが好きな明るい空間に変える過程を記録したものです。

お風呂のDIYリフォームに失敗した体験談